[Python 入門]関数の定義・使い方やモジュールのインポートやライブラリについて紹介

そもそも関数とは?

コードの再利用のために、任意の型、任意の個数の入力した引数をとり、任意の型、任意の数の結果を出力する。

Pythonで関数を定義

Pythonで関数を定義するには、defを入力し、関数名を書き、関数に対する入力引数をかっこに囲み最後に:を書きます。

まずは、引数を取らない関数を定義してみます。

上記のようにblogと出力されます。

次に、引数をとる関数を定義して、出力します。

このようにGoが出力されます。

*(アスタリスク)による関数

引数の一部を*を使うと、*の所は引数を任意の個数取れる

**による引数の辞書化

**を二つ使えばキーワード引数を一個の辞書にまとめることができる。

モジュールとimportの文

モジュールとは?

モジュールとは、Pythonコードを書いたファイルのことです。

module.pyというファイルを作ります。

次にメインとなるファイルmain,pyを作ります。

モジュール名が長い場合

モジュール名が長い場合、別名を使ってimportすることができる。

このように、randomモジュールをrnとして呼び出すことが可能です。

次のページでは、Pythonの標準ライブラリー6個いついて紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です