中国・南寧の歩き方

みなさんは中国にある南寧という都市をご存知でしょうか?
この記事に辿り着いた方は今から南寧に行く!という方が多いかもしれません(?)

先日の中国旅行で南寧に数日間滞在したので、南寧の魅力、歩き方をお伝えしたと思います。
先に言っておきますが、私は今回の中国旅行で他に、香港、深圳、広州、桂林に訪れましたが、南寧が一番楽しかったです!
(というか、事前情報で「つまらない街」と言われていたのでその分ギャップで楽しめました)

南寧ってどこ?

南寧は広西チワン族自治区の省都で、そこそこ大きい都市です。日本からの直行便は無いため、日本人はあまり多くありません。

南寧へのアクセスは、高鉄で広州から4時間、桂林から3時間、貴陽から2時間半程度で着きます。

広西チワン族自治区はベトナムとの国境があり、漢民族よりもチワン族の数の方が多いため、ちょっとエキゾチックな中国を味わえると思います。




おすすめスポット

・中山路美食街

南寧で最も観光客に人気のスポットです。巨大な屋台街で、B級グルメを数多く楽しむことができます。

中には芋虫や多足類の何かの丸焼きなどもありました。。。
また、加熱した牡蛎も売られていますが、これはおすすめしません。同行した友人が食べたのですが、後日食中毒になりました。

屋台の裏側には食事スペースが用意されているので、どこでも食べることができます。もちろん食べ歩きも大丈夫です。

また、この美食街から少し外れると、偽ブランド市が立ち並んでいるので、見てみると面白いかもしれません。
ちなみに私はadidasのパーカーを1500円くらいで買いました(笑)
値引き交渉にもほとんど応じてくれるので、渋い顔をして粘ってみるといいかも?

・南寧鳳嶺児童公園

この公園は一言で表すと「カオス」です。
二足直立で仁王立ちしたピカチューが入り口で出迎え、エヴァ初号機とスティッチがコラボしたメリーゴーランドと、お馴染みのディズニーキャラをモチーフにした遊具がたくさんあります。更に園内のBGMはちびまる子ちゃんです。

ジェットコースターなどの遊具で遊ぶにはお金がかかりますが、園内を散歩するのはお金もかかりませんし、土地がだだっ広いのでボールなどを持って行って遊ぶのもいいかもしれません。




ひとこと

南寧で特に印象に残った場所はこのくらいですが、もちろん他にも楽しい場所はあると思います。
高層ビルが立ち並び、若者も非常に多いのでとても賑やかでした。夜遅くまで遊びたい!という方、おススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です