最先端のアメリカの高等教育システムについて

日本の高等教育から大学受験、大学での専門的な学習について、みなさんはどのように感じているでしょうか?

高等教育制度や大学はアメリカが最先端を行っていると一般的に言われています。私は最近、アメリカの高校、大学の諸制度と日本の教育制度を比較、分析した書籍を読んだので、一部を抜粋して紹介したいと思います。




AP制度

AP制度とは、大学の高度な授業を高校で導入する制度です。アメリカの多くの高校で導入されており、大学入学の審査でも使われているといわれています。成績評価制度を変えてAP制度を推奨するように周辺システムも一新しました。
しかし、これにはメリットとデメリットがあります。メリットはより高度な授業を受けられる環境を早期に構築し、「伸びる子を伸ばす」ことができます。デメリットは、授業がより高度なため、教員側の指導力も要求されます

日本の教育制度の問題点

高校は受験対策中心の教育を見直すべきで、「良い大学に行かせるために良い高校に行く」という流れが既にあることが問題だといいます。これは日本だけでなく東アジア諸国が抱えている問題でもあるそうです。
また、大学側は入学後の教育に責任を持つべきで、「大学に入学すればゴール」という風潮を変えるべきだと筆者は言います。

PBLと学生の自主性

PBLとは日本語に訳すと「問題解決型授業」です。現在は一部の日本の大学でも導入されています。この授業は従来の、先生が教えて生徒が聞く、というスタイルではなく、生徒同士が意見を出しながら最終的な結論を導き出すという形式になっています。仲間と協力しながら「発案→企画→発表」という流れになっているので、生徒の自主性が問われます
何故このような授業を奨励しているのでしょうか?
それは、今の時代は知識量ではなく問題解決力がより重要となっているからだといいます。というのも今では「調べる」という行為がインターネットの普及により昔より容易になっているからです。大抵のものは数秒で調べられ、答えを導き出すことができるでしょう。
では、人間がすべきことはない答えを創出すること。つまり、問題を解決する力を養うことが重要となります。

教科の垣根を超える

アメリカの一部の高校では、自ら授業のカリキュラムを組めるようになっているそうです。また、授業を「数学」「化学」「芸術」など教科ごとに分けずに、教科を超えて融合させた授業を導入するそうです。
というのも実社会では教科ごとに分けるということはしません。例えば「化学」と「芸術」を融合した授業でコンピューター開発…なんてこともあるかもしれません。

教育を受ける機会の差

アメリカでのこういった取り組みに対して、「でも、一部の私立高校や所得の高い学区でしか行っていないのでは?」という疑問を投げかける人も多いと思います。
しかし、実はこれらは公立高校でも行なっているのです。さらに地域差(学区超え)や家庭環境に配慮して学習環境の機会均等を図っています




ひとこと

これらの取り組みはより多くの学生の潜在能力を引き出すことができる上、生まれの貧富の差などの子供が避けることができない差異を少しでも埋められるのではないでしょうか?
アメリカでのこういった取り組みは日本も見習うべき点がたくさんあると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です